スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
春キャベツのミルフィーユ


今日で2月も終わりですね、今月はひとつも記事を書いてないことに気付いて焦りました。

先日、私が家を空けることが一週間近くあって、帰ってきてから旦那さんにその間の食事はどんな風にしていたのかと尋ねると、作り置きしていたお惣菜を食べた以外は、冷蔵庫にあった「ニラ」を使ってニラ玉を2回作っただけで、あとは外で買ってきたもので適当に過ごしていたそうです。
その時に作れるものがニラ玉しか思いつかなかったことに、自分の料理スキルの危機を感じたらしく、お休みの日だったのですが、この日は旦那さんが晩ご飯を作ってくれることになりました。
以下はその時のやり取りです。


旦那さん(以下旦)  「晩ご飯、何が食べたい?」

私             「※『とのさま』はアリで?」

旦             「いや、『とのさま』ナシで。」

私             「ホットケーキが食べたい。」

旦             「ホットケーキは晩ご飯じゃない!」             

私             「ニラ玉。」

旦             「ニラ玉はもういいんだけど。」

私             「・・・じゃあ、デラックスニラ玉。」

旦             「・・・・・。」

  ※注【とのさま】・・・我が家の造語。買出し、下ごしらえ、後片付けは
  人任せにし、本人はフライパンをふるうのみの調理スタイルのこと。

このとき本当にホットケーキが食べたかったし、週に2回も作ったというニラ玉も食べてみたかったのですが、あっさり却下され、結局旦那さんがずっと食べたかった「キャベツのミルフィーユ」を作ってくれることになりました。

出来上がりは、ナイフで切るとちゃんと綺麗な層になっており、中のお肉にもスープがよく滲みていて美味しかったです。



「美味しい、これならひとりでも大丈夫だね。」と言ったら

「・・・縁起でもない。」と返されました。

褒めたつもりだったのに「ひとり」が「独り」に聞こえたようで
本当は「一人でお留守番」の「ひとり」だったのですが。

もっとシンプルに「美味しかったから、また作ってね。」と言えばよかったです。




ブログランキングに参加しています。ランキングバナー
スポンサーサイト
【2007/02/28 02:49】 | 肉料理 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<チョコレートムースケーキ | ホーム | 茹で鶏とごはん>>
コメント
お久しぶりです。
やり取りを読んで笑っちゃいましたよ(ごめんちゃい)。
ダンナ様、これなら独りでも大丈夫ですよ!じゃなかった、1人です(笑)。切り口、めちゃキレイ~♪私もニラ玉、見たかったな。
【2007/02/28 09:06】 URL | SUNNY #-[ 編集] | page top↑
◆SUNNY様

お久し振りです、コメントありがとうございます♪
SUNNYさんに褒めていただいて、旦那さんも喜んでいます。
言葉ってちゃんと気を付けていないと、違う意味に取られてしまうものですね、日本語ってムツカシイです(笑)
【2007/02/28 23:30】 URL | ユキノフ #tALqj1cg[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://gohancyou.blog66.fc2.com/tb.php/41-d0f3734d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。